信販ローン会社のキャッシング

信販会社でも、キャッシングやカードローンといった
無担保の小口融資を行っています。
一般的には、銀行は金利が低いものの審査には通りにくく、
消費者金融系は審査に通りやすい傾向があるものの、
金利は高いといわれています。
信販ローン会社はこの双方の特徴の中間あたりに位置していることが多く、
消費者金融よりは金利が低く、銀行系よりは借りやすいという認識になっています。

信販ローンはクレジットカードにキャッシング機能がついているタイプ

信販ローン会社のキャッシングは、クレジットカードにキャッシング機能を
つけているタイプになります。利用限度額はショッピングとキャッシングで
それぞれ上限が決まっていますが、枠は共有しています。

つまり、買物をしすぎるとキャッシングが利用できませんし、
借り入れが多いと買物でカードが使えなくなります。
通常は買物で利用できる金額の方が高額になっていますので、
どちらかというとカード払いがメインとなるカードです。

信販ローン会社のカードの特徴

信販ローン会社のカードの特徴は、一枚でクレジットとキャッシングの両方が
利用できるため、カードの管理が楽なこと、持っていても借入のためのカードとは
気づかれにくく、対人的に安心であることなどです。
一方で、同じ信販ローン会社でも買物のリボ払いとキャッシングの金利が
異なっていますので、支払い金額の管理は自分で計算するのは困難です。
信販ローン会社から毎月の引き落とし額の通知が来ますが、
近年では郵送ではなくオンラインで表示していることも多いため、
毎月口座引き落としがある前に、預金残高と引き落とし予定額を
チェックしておくようにしましょう。

利用限度額については、銀行系や消費者金融系よりもキャッシングの
上限金額を少なめに設定していることが多いです。
また、総量規制の対象になっていますので、キャッシングに関しては
利用者の年収の3分の1までしか融資ができないという制限もあり、
利用するときにはあまり高額の借入には使えないということを知っておく必要があります。